結婚式やちょっとしたパーティーにぴったりな服装探し

抑えたいマナー

ミニのドレス

結婚式というのは冠婚葬祭の1つです。冠婚葬祭は普段とは違うその場に合った服装をする必要があります。
最近では、結婚式の服装は「こうでなければならない!」という決まりが薄れてきているので、自由度は高まってきていますが、それでも基本的な部分は抑えておきたいものです。
年配の人たちは新しい風習を受け入れ難いので、良いように思わない人もたくさんいます。
結婚式の服装マナーを抑えて、気持よい式にしましょう。

女性の場合、結婚式の服装はパーティードレスが一般的です。
ワンピースが多いですが、パンツスタイルやトップスとスカートというような組み合わせもあります。
カラーに関してですが、白色というのは花嫁の衣装と同じになってしまいます。白は避け、ベージュなどの淡い色を選びましょう。しかし、その際には濃い色の羽織ものと合わせるようにしましょう。
スカートやワンピースの場合には着丈が短くなり過ぎないように気をつけましょう。膝丈がベストです。また、基本的には露出を抑えることが大切なので、肩、胸元、背中が開きすぎない服装を選ぶようにしましょう。

ドレスだけではなく、ドレスに合わせるアイテムも注意が必要です。
足元はパンプスが基本です。ミュール、サンダル、ブーツはNGです。ただ、バックストラップの付いているパンプスや爪先部分が空いているパンプスはOKです。
身に付けるアクセサリーは、パール調になっているものが基本です。
カジュアルなアクセサリーやゴージャスすぎるアクセサリーはNGです。
バッグは会場に手軽に持ち込むことのできる小ぶりのタイプを持つようにしましょう。大きめのバッグと別に持ち込み、大きなバッグは結婚式場のクラークで預けましょう。

↑ PAGE TOP